F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

  前回に引き続き 英国の宝石 アストン・マーティン の話題を今回も話そう。

 ぜひワンクリックの協力お願いします!! ⇒  ブログランキング

 先月とてつもないニュースが流れた!  

 フォードがアストン・マーティンを ルイ・ヴィトン に売却!?

ルイ・ヴィトン

これは大事件だ! もともと経営難が噂されていたフォードではあるが、まさか売却先があの日本人が大好きなブランド ルイ・ヴィトン だとは!?

何が大事件とは、もしルイ・ヴィトン傘下に入ってしまったら今よりももっと高級ブランドメーカーとして扱われてしまうこと。  いわゆる大幅な値上げが起こりうるということだ!

これは一大事だ! 先日のヴァンテージの試乗レポートでもお伝えしたとおり、1500万円という価格で夢のアストンが手に入ると思いきや、またまた手の届かぬところにいってしまうのではないかという不安がよぎってしまう。

まあもっとがんばれ!!ってことかもしれない・・・。

このニュースに関してはまた追って最新情報をお伝えしたいと思う。

 

 ところで今日は先日のアストン・マーティンのお店で撮りまくった写真のご紹介をしたいと思う。

 まずはこの美しいオープンボディに注目!!  

 車名は DB9 ヴォランテ

DB95 DB93

 一般的にオープンボディには スパイダーやロードスターなる名前が奢られるが、アストンにおいてはそれが ヴォランテ である。

搭載されるエンジンは V12気筒。 憧れのV12である。 

F-1でさえ10気筒が主流の現在で、12気筒が乗れるのは数少ない貴重な存在である。

もちろん私の大好きな F-50 はV12である。 (V12エンジンがミッドシップにレイアウトされているのはスペチアーレだけ!!)

おっとまたまたマニアックな話になるのでそういった話は今回は無しにしよう(笑)

DB98 DB97

 この DB9は先のヴァンテージとは味付けが全く違い、最高級ラグジュアリークーペに仕上げてあるのが特徴だ。

DB9

 昨今の外国車のブームとして4シーターオープンが挙げられるが、まさにそれを代表する一品だ!

世界一美しいクーペとされる BMW 6シリーズのカブリオレ(4シーターオープンボディ)に勝てるのはこの車以外にまず見当たらない。 ← ベントレーのアズール(4シーターオープンボディ)もかなり良い線をいってはいるが。

BMW 6シリーズ カブリオレ

 

ベントレー アズール

 この車は間違いなく 髪の長い綺麗な女性に乗っていただきたい一品であると確信させられる。

私は自分が愛した未来の奥さんには絶対にこれを買ってあげたいと思っているほどだ。 

それぐらい(どれくらい?笑)この車は魅惑的で、美しく官能的だ。 しかしどの角度から見ても全く文句の付け所のない車は非常に珍しい。

こんな車に美人が乗っていたら間違いなく魅入ってしまうだろう。  

またDB9にはアストン初のパドルシフトATが搭載されており、これによりAT限定の女性でも気兼ねなしに乗り回せるとこにアストンの戦略が伺える。

DB99
アストンマーティン

 

続いてアストン最強のフラッグシップ VANQUISH S (ヴァンキッシュ S)。

この車は残念ながら2006年末で生産終了が決定している。

聴くところによると現在日本にこのヴァンキッシュは 残り3台 しか現存しないらしい。 

とてつもない希少な車の1台が目の前にある事実に強烈な興奮を覚えた。

これも残念なことにそこまで稀少車ということで鍵を開けていただくことができず、外観のみの写真になってしまっている。


バンキッシュ2 ヴァンキッシュ3

風貌からしてこの1台は他の2台(ヴァンテージ、DB9)とは全く異質な戦闘態勢の空気がヒシヒシと伝わってくる。

 お値段もかなりよろしいようで3000万円を少し切る設定になっている。 うーむ、これなら普通の人は F430 を買ってしまうだろうな。 とするとこれに手を出せる人は相当な本物に違いない!

 ヴァンキッシュSに搭載されるエンジンはもちろんV12で、その味付けはDB9のそれとは一線を画したものに仕上がっている。

ヴァンテージ、DB9とは違い、普段の街乗りに使う車ではなく、高速のワインディングで楽しむことが前提とされてくる。

 

 

こちらのランキングも参加しているのでぜひ一票入れてください。お願いします!

 

 

 ミッションはDB9と同じパドルシフトではあるが、こちらは ATではなくちゃんとしたMT。 試乗することができないため実際の感想がお伝えできないのが残念なのだが、360モデナではかなりこのパドルシフト(F1マティック)には失望させられたのでぜひこちらには期待したい。

 パドルシフトMTはやはり純粋なマニュアルに比べ、かなりのタイムラグが生じてしまうために個人的にはあまり好きではない。 

もちろんF-1やFXXクラスであればこのタイムラグは全く出ないらしいが・・・。 ← 金掛かってるから当然である。

 実際に試乗したスタッフ曰く、「ヤバイ車」 らしい(笑) ← いいね!大好きだ。

何がヤバイってそのエンジン音からして強烈で、加速フィールはまさに 暴力そのもの ということだ。

 いやー、一度お手合わせしていただきたいものだ! しかし今買えなければこの車は近いうちには必ずなくなってしまうために、チャンスはアプルーブドカー(メーカー認定中古車)を待つのみになってしまう。

 チャンスはいつも待ってくれないね! 心にしっかりと留めておこう。

 

 

おっと気が付くと写真展というよりはまたまた自己満足な評価物になってしまった(笑)

とにかくこのアストンシリーズからは今後も目が離せない。 

 

 ぜひワンクリックの協力お願いします!! ⇒  ブログランキング

 

 しかし 物事は諦めず、その方向に向いてさえいれば遅かれ早かれ達成されるもの である以上、数年後の私は必ずこのアストンシリーズに乗っていることであろう。 

 

 ところでこんな場所で遠慮なく写真をバシャバシャ撮る人はまずいない(笑)  恥ずかしいとかいって人目なんて気にしていられない! 

 人生何事もとりあえず聴いてみることが大事である。

 「あの~、写真いいですか?笑」 

 堂々としていれば大概の人間はOKを出す。 この精神でアストン君を手に入れるべくまたがんばるぞ!! 

 

うーむ、しかし非常に有意義な一日であったことは確かだ。

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

はじめまして^^

私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://sinsyajyouhou.blog95.fc2.com/blog-entry-53.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/03/18(日) 11:18:23 | |新 くるま 情報2007 #-[ 編集]
RO」のタグを含む動画
モンスターサイドストーリー~最終話~,http://www.lineagecojp.com/movie/mov0028.zip
2008/01/13(日) 22:40:16 | |ねぇ歌って! #HmsGVGSQ[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/190-7f6847c5
トラックバック
ベントレー アズール の映像(BENTLEY AZURE)
ベントレー アズール の映像(BENTLEY AZURE)
2007/11/12(月) 23:46:20 | 自動車についてつらつらと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。