F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZARDの坂井泉水さんの急死を受けて関係各方面にも影響が現れた。

 CD、DVDの販売・レンタル店のTSUTAYAは「急死の報道直後から、ZARDのCD、DVDの売り上げが上昇している」という。これを受けて近日中に全国の店舗に追悼コーナーを設置するよう指示を出す。 画像はコチラ

 TSUTAYAの広報によると「2005年11月に急性骨髄性白血病のため、若くして亡くなった本田美奈子さんのケースと酷似している」とし、両者を比較して「ファン層が広く、テレビドラマやコマーシャルとのタイアップでヒット曲が多かったこともあり、今後坂井さんをしのんでしばらくCDなどの売り上げが伸びるのではないか」と話している。

 山野楽器銀座店でも、近く追悼コーナーを設置する予定。ファンクラブ「WEZARD」では、後日ファンが参加できる告別式を開くことを検討している。

 また、ネット販売のアマゾンのホームページでは28日午後8時時現在、ミュージックベストセラーの1位に、昨年10月に発売された3枚目のベストアルバム「Golden Best 15th Anniversary」がランキングされている。

 耳になじみのある曲が多かっただけに、今後オリコンに再度チャートインする可能性もある。
スポンサーサイト

 元モーニング娘。の辻希美と俳優の杉浦太陽が近く結婚することが、本日発売の一部スポーツ誌で報じられている。


 写真はコチラ

 報道によると、辻は現在、妊娠2か月で交際は昨年からスタートしたという。辻は4月24日に時東ぁみ、ギャル曽根とのギャルメーク&ファッションの新ユニット“ギャルル”をお披露目したばかりだったが、今月5日(土)に開幕した舞台『何日君再来(イツノヒカキミカエル)』は体調不良を理由に降板していた(代役は6日にモーニング娘。を卒業した吉澤ひとみ)。また同28日、30日のファンクラブイベントも中止となるなど、復帰次期は未定だった。

 お相手の杉浦は、1998年にドラマ『おそるべしっっ!!!音無可憐さん』でデビューした若手俳優で、2001年に主演ドラマ『ウルトラマンコスモス』で脚光を浴びた注目株。実弟で俳優兼ミュージシャンの杉浦太雄(たかお)と共に“Ex.Bold(エクスボールド)”というユニットでCDデビューも果たしている。
 このまま2人が結婚すれば、歴代のモーニング娘。では、1期の石黒彩(夫は元LUNA SEAのドラマー真矢)、2期の市井紗耶香(夫は自身のユニットCUBIC-CROSSのギタリストだった吉澤直樹)に次いで3人目。杉浦は、5月12日(土)公開の映画『0(ゼロ)からの風』に出演する。

 なお、今朝の段階では両者所属事務所ともに「事実関係を調査中」としている。

 5月中に元保育士の女性と結婚すると一部スポーツ紙で報道されたお笑いタレントの波田陽区が、5月7日(月)に都内で結婚報告会見を行った。

 お相手の女性 写真はコチラとは、波田が大学生だった頃に出逢い、大学卒業後お笑い芸人を志して上京してからも交際は継続。遠距離恋愛は10年間続き、付き合い始めてから12年越しの純愛を実らせてのゴールインとなった。

 波田は「プロポーズは1か月前にしました。正座して、結婚してくださいといったら、彼女は頷いて号泣してくれました」と報告。またお互いに「晃くん、初美ちゃんと呼んでいます」と彼女の名前を明かし、ラブラブぶりをアピールした。

 「このチャンスを逃したら、一生(結婚は)ないと思うので、なるべく早く区役所行きます」と心境を述べ、1カラット以上の指輪をプレゼントしたことも明かした。

 現在彼女の妊娠はないものの「いっぱい子供を産んでもらいます。ベストファーザー賞を今年から目指します」と意欲的。「こんな僕でも結婚できますから!万歳!」と喜びを爆発させる、のろけ会見となった。

 若手芸人の色恋沙汰が飛び交う空前のお笑いブームの中“ギター侍”としてブレイク後も浮いた噂はなく、糟糠の妻として下積み時代から支えてくれた彼女にしっかりと応えてみせた。

 巨人は2日の中日5回戦(ナゴヤドーム)に5-3で勝ち、今季18勝目を挙げ、通算5000勝を達成した。1936年7月に大東京を10-1で破り、公式戦初勝利を記録。50年の2リーグ分裂を経て、71年目にしてプロ野球初の大台達成となった。通算8777試合で3514敗263引き分け。
写真はコチラ

 巨人は川上哲治監督時代に長嶋茂雄、王貞治らの活躍で9連覇を遂げるなど黄金時代を築き、セ・リーグで通算30度優勝。2002年に原辰徳監督でリーグ制覇したのを最後に4シーズン王座から遠ざかっている。 

半年ぶりの活動再開を宣言したKAT-TUNの赤西仁(22)が、このほど、日本テレビ・読売系バラエティー「カートゥン KAT-TUN」(水曜 深夜11・55)の収録に参加し、テレビ復帰を果たした。 写真はコチラ

赤西は4月19日に帰国、20日に復帰会見を行った後、21日にはコンサートで復帰していた。192日ぶりのテレビ出演となるが、赤西は「すんなりと入っていけました」と半年間のブランクを感じさせない存在感を見せていた。
 赤西が収録に臨んだのは、すでに他の5人のメンバーで4月からスタートした「カートゥン KAT-TUN」。グループの名を冠した、復帰にふさわしい番組だ。
 これまで放送された番組を事前にチェックしたという赤西だが、収録前は「まだ参加したばかりなので抱負というのも難しいけど、ゲストの魅力を存分に出していければと思う。緊張というより、手探りな状態です」と少し不安げな様子。
 それでも「自分としてはせっかく学んだ英語を生かせるようなかかわり方をしていきたい。今までお会いしたことのない方や、仕事でご一緒してもきちんと話したことのない方に来てもらいたいな」と意欲を見せた。
 収録では冒頭で中丸雄一(23)が初登場の赤西を紹介。赤西は「6カ月間、こうして番組収録でしゃべることがなかったので、正直まだ慣れてない」とあいさつ。田中聖(21)に「ちょっと緊張してるな」とつっこまれる一幕もあった。
 この日はゲストの所ジョージやmihimaru GTとのトークとダーツ対決を行った。
 赤西が加わっての初回放送は5月9日。冠番組でやっと6人が顔をそろえる。中丸は「赤西がLAで得たものを少しずつ出していけたらいいな」と語るなど、赤西の成長ぶりに期待。亀梨和也(21)も「違和感なくできていたと思う。これからも楽しくやりながらメンバーでいい番組を作り上げていきたい」とチームワークを強調していた。
 赤西も「普通にできたことが一番。すんなりと入っていけました」と、無事にテレビでの再スタートを切り、笑顔を見せていた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。