F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルトン ヒルトン

 

 昨日、先日お伝えした 「奴隷へのオファー」 で紹介したある富豪との会談の報告をしたいと思う。

場所は愛知県名古屋市 ヒルトンホテルのスイートルーム。 

相変わらずここから見る夜景は絶景の一言に尽きる。 

前回お伝えした マリオットアソシアホテル と比べるとさすがに見劣りはするものの、間違いなく名古屋市で2番目に綺麗な夜景を提供するホテルであろう。

しかしここに足を運ぶたびにいつも パリス・ヒルトン は世界有数の大富豪だと思い知らされる。

まあわがまま&問題児になる理由も分かるような気がするね(笑)

 ぜひワンクリックの協力お願いします!! ⇒  ブログランキング

 今回の部屋は、リビング2室、ベッドルーム、、会議室が各1部屋づつとバスとトイレが2つづつ(本人用とお客用)付いている豪華使用でなかなかの快適振りであった。

 会談は終始和やかに進み、彼の立ち上げたビジネスの話からこれからの経済、資産運用、趣味の話まで幅広く聴かせていただいた。

相変わらずその知識の広さには脱帽し、まだまだ自分がビジネスマンとして失格だなということを思い知らされた。

 

 今回一番私が学んだ大きなことは、彼のビジネスに対する 使命感 である。

あえて彼が今回立ち上げたビジネスの内容とその良し悪しには触れないが、それ以前の問題としてそんな評価を私がすべき立場にないということがはっきりと自覚できた。

 彼は今回のビジネスの立ち上げにまず5000万円超を投じている。 そしてこれから諸々に掛かる費用等を含めると約半年で1億円を超える投資をしていくことになる。

今回のこのお金は全て彼一個人が用意した資金だ。

 

 この事実を目の当たりにし、そしてビジネスプランを聴かされたときに、まずその内容云々よりも彼の決意と情熱が、自分の今いるステージとあまりにかけ離れていることを悟った。

結局口では何とでも言えるし、批判も指摘もできる。  

でも私は身銭を切っていないし、責任も背負っていない。  

だから好き勝手が言えてしまうだけだ。

しかし身銭が切れて初めて意見も言えるし、考えも主張できる。

 

 ここに来るまでは私自身、彼の行動に対して否定的な考えを持ち、彼自身までも否定してしまいかけていたのが正直なところだ。

 

 そんな自分が本当に恥ずかしく思え、小さい男だなと痛感した。

 

こちらのランキングも参加しているのでぜひ一票入れてください。お願いします!

 

 もう一つ彼から学んだのは、

いくら否定されようとも熱意を持ってトライしてみるという姿勢だ。

 人間不思議なもので、顔を合わせて話をするといろんなものが見えてくる。 

 勝手に想像し、考えてたことが実は誤解であったり、理解不足だったのだと分かり合える瞬間がある。

やはり人間は顔を見てコミュニケーションを取ることが何よりも大切なんだということが分かった。

 

 

 また一からやり直しだ。 やはり彼は私よりも大分先を走っている人間なんだということがはっきりと分かった。

何もかも初心に戻り、もう一度出直さなければ、私の望む次のステージには行けないんだなという事を本当に再認識させられた。

 

 しかし私もタダではもちろん帰らない。 

前回お伝えした 自分の意思で決め、そして進む道を選ぶという点だけは譲らなかった。

もちろん彼に対する考え方、彼のビジネスに対する考え方は180度変わった。  

今は本当に素晴らしいと思っている。

だがそれに私が協力できるかどうかは別の話だし、選択はこちらにある。

この選択がこちらにあるという空気を如何に創れるかが交渉事の基本だ。

 

まあまたこの先も彼からはラブコールが掛かるであろう。  それも一種の楽しみにもなってきた。 

なぜならば私の知らない世界を知っている人間に会うということは、必ず何らかの学び、成長があるからだ!

今回の件はまたゆっくり考えて最終結論を出したいと思う。

 

 ぜひワンクリックの協力お願いします!! ⇒  ブログランキング

 

【P.S】

 本物の富豪かどうかを見分ける一番のアイテムは アメリカン・エキスプレス の ブラックカード だ。

実は彼はこの ブラックカード の日本発行記念のインビテーション・メンバー第1号組の一人。 ← 凄いよね!!

ブラックカードブラックカード
(ちなみに後ろに写っているのは私でも彼でもない)

正式名称は センチュリオン・カード と言い、その利用限度額は 無制限(∞)だ!! ← めちゃくちゃな信用ってこと!! 

 そして近年、米国、英国、ドイツで センチュリオン・カード の素材が従来のプラスティックからチタン に変更されたという衝撃的なことが噂されていたのだが、それ以上に驚くべきことが今回目の前で起きたのだ!

なんと!! 彼のエルメスの財布から その チタン製センチュリオン・カー ドが出てきたのです!! 

ついに日本でも発行されたんですね、衝撃的です! 

笑えるのは食事に出掛けたお店の店員の態度。  このカードを見た瞬間に凍りつき、態度が急変していました(笑)

まあ一部の特権階級のみが手にできる 幻のカード。 それがセンチュリオン、通称 ブラックカード。

そのうちここでこのブラックカードの話題も触れてみたいと思う。

  

            

アメックスと同等レベル、もしくはそれ以上に敷居の高いカード

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/129-32e652ca
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。