F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  PBR これが私が一番重要視する指標だ。

 PBR(Price Book Value Ratio) = 株価純資産倍率 のことだ。

 この指標は、その会社の純資産額に対して現在の株価が 割高割安を教えてくれる。 

 巷の株式投資本ではよく PER が重要視されているが私はほとんどこの指標を使わない。 

 PER(Price Earnings Ratio) = 株価収益率 はその名の通り、1株当たりの利益を表している。 

 私も初めは株価というものは企業の収益に対して変動し、決定されると考えていた。 まあ誰もが初めはそう思うだろう。 

 しかし株価は資産に対して決定されていくものだということをある書籍で学んだ。    

 その書籍とは ⇒  ここ

 世の中の全てのモノは価値で価格が決まる。 確かに一時のブーム等で破格の値が付くこともあるが、最終的にはその価値に見合った価格 (相場) で落ち着く。

 缶ジュースは誰もが定価 (120円) というものを知っている。 同じものがスーパーマーケット(以下:SM)で88円で売られていたとする。 誰もが安い(割安)と感じるだろう。 その逆もしかりだ。

 しかし株に関しては皆が定価を知らない。 相場が分からないのだ。 ここが実は株式投資で確実に稼いでいくための重要なポイントだ。

皆さんの応援のおかげで上位に進出してきました。本当に感謝です!もっともっと上位にいきたいので応援ワンクリックよろしくお願いします!

 中古車を買うときに皆さんはどうするだろう? クルマにもともと詳しい方は、すでにその車種の相場を知っていると思うが、詳しくない人でもこの相場は容易に掴める時代になってきた。 

 カー雑誌、インターネット、友達やお店の人に聴く等たくさんの方法を思いつく。 実はこの最後の人に聴けるということができるのが大きい。 それだけ確かな情報が皆に行き渡っているということだ。

 しかし株の相場を正確に把握できる人は周りに少ない。 

 メディア、予想雑誌、アナリスト etc・・・  全て信用できないし、全く検討違いな情報を平気で流してくる。 

 あるアナリストはこう言う。 「今日の株価の暴落は、東南アジアで起こった○○○の影響で、今後は徐々に回復に向かうでしょう」  ・・・だから? 

人々はこれを聴いて、「そうだったのか・・・」 「やっぱりな・・・」   ・・・皆言い訳の理由が欲しいのだ。

 株価はそんなものでは決まらない。 正確に言うと一時のブームによるプレミア価格は付くかもしれない。

 しかし結局は実際の価値(相場)に落ち着く。

 これは世の中の自然の法則なのだ。 

 ならばこの相場が分かればいい。 相場が分かれば、誰もが知っている安い(割安)時に買って、高い時(割高)に売れば稼げるという法則が使える。  本当に単純なことだ。

 あくまでこれは私の投資法であり、全て正しいわけではないし、この方法以外がないわけでもない。

グロース投資、テクニカル投資ファンダメンタル投資

などしっかりと確立された投資法もたくさんある。 

 これらの投資法で、大成功を果たした世界的に有名な大投資家達は数々存在する。 

 しかし私はこれらのやり方はよく分からない。 というよりこれらの方法の優位性が自分の中で納得、理解できないだけなのだ。 

 実際にジョージ・ソロスピーター・リンチ等の大投資家達はこれらの方法で驚異的な数字を残しているため、これも正しく素晴らしい方法なのであろう。

 私の投資法は、巨匠ベンジャミン・グレアム(かのウォーレン・バフェットの師匠) が確立した俗に言う バリュー投資 といわれるものであるが、そこにファンダメンタル分析もテクニカル分析を一部組み入れている。 

 もう一つ付け加えておくと、私の投資法は短期売買(デイトレード等)には向かない。 仕手株、IPO株 etc・・・ などにも向かない。 (どちらにしろこの手に株はインサイダー側にいないとほとんどが無駄になるのだが)

またいきなり資産が倍になったり、100倍なんていうことにもならない。 

しかし地道に少しずつだが確実に資産は増えていく

どちらを選ぶかはその人次第だが、私にとってはこの方法がベストだ。 

 私は毎日株価をチェックしたりはしない。 週1回終値をチェックすればいいところだ。 しかしこれでも確実に稼げる。

 なぜならば買ったときにすでに儲けているからだ。  

 缶ジュースは120円で売れることは誰もが知っている。 ならば120円以下で仕入れるだろう。 誰もが知っている商売の基本だ。

 株は買った時にすでに勝負が付いている。 

 何も考えずに買ったものが結果的に値上がり儲かった。  これはたまたまであり、いつかは破綻する。  

 しかし私は確実に値上がる(相場に戻ってくる)ものだけしか買わない。  

 だから負けようがない。  

 多少何かの不具合でその時期(相場への戻りやそれ以上の値上がり)が延びたとしても、遅かれ早かれ必ず稼げる。

 私が手に入れたのは、「必ず儲けれる銘柄集」ではなく 

 「必ず稼げる株式投資法」なのだ。 

これも学習から得れた私の大きな財産だ。

いつもワンクリック投票してくださりありがとうございます。今日もどうかよろしくお願いします!

スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/39-ff5e21e8
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。