F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 7日、財政破綻した夕張市で成人式が行われた。

 今年は、市が毎年支出していた補助金60万円を全額カットしたため、地元の若者らの手作り成人式となった。

 ブログランキングへの投票をおねがいします ⇒  ブログランキング

 もうすでにご存知の方が多い、夕張市の破綻。 これは国民にとって非常にショッキングな出来事であったであろう。

 日本国破産 なんて言葉が数年前から良く言われているが、まずは市が破産したのだ。 

 「市が破産する」 こんなことは考えたことがなかった人が多かったと思うが実際にそれは起きてしまった。

 夕張市はいわゆる「粉飾決算」をし、自転車操業を行っていたのだ。

 現在、財政再建団体の指定を受け、国の管理下にある同市だが、簡単に言えば 家のローンが払えずに金融機関に抵当物件として差し押さえられたみたいな感じだ(笑)

 だが夕張市はずっと財政上は黒字計上だったため、市民にとってはまさに寝耳に水であったであろう。

 そのからくりは税収と返済時期がずれた場合に、つなぎ資金として金融機関から借り入れ、決算日をまたがずに返済する一時借入金にあった。

 このため、表向きには決算書には赤字の数字が現れず、「隠れ借金」として計上できていたことがその理由だ。

 夕張市はこの制度を乱用し、第三セクターなどとの複雑な経理操作で、毎年一時借り入れを繰り返し、表面上は黒字決算を装っていたのだ。

 怖い怖い・・・。 しかし他人事だと思っていてはいけない。 こんなことはこれから至るところで起こってくるはずだ。 おっと私の出身地である岐阜はもっとやばいかも・・・。

 世界的にみれば、破綻した国家なんてたくさんある。 

 そのあと起こったことは ハイパーインフレ だ。 

 どうします? 一杯 500円で食べれたらーめんが一杯 1000円になったら。  20万円の給料の人は、価値が半分に、いわゆる10万円しかもらえないと同じことになるんですよ。

 おー怖い怖い・・・。 しかも過去の歴史からみて、2倍で済めば御の字でしょ。 実際にはこんなものでは済まされない。

 

 借りたお金は返さなければいけない。 これは誰もが知っているルールだ。

 これは国にとっても例外ではない。 

 そうこうしているうちに海外国への返済時間は迫ってきている。

 

 目先だけを見て生きていたのでは、

                  泣きの目をみることは必死である。

こちらのランキングも参加しているのでぜひ一票入れてください。お願いします!

 不動産投資に関するブログ特集は ⇒  ここにあります

 不動産投資の難しいイメージを払拭 ⇒ 単純化して教えてくれます。

           何か今から手を打っておいたほうがいいですよ!!

 

スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/53-37992cf2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。