F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 20070115013024.jpg

 

 

世界遺産 

岐阜県白川村の

合  掌  造  り

 

 

 

  太平洋側と日本海側を直結する 東海北陸自動車道 で、最後の難関とされていた

飛騨トンネル(岐阜県飛騨市-白川村、10.7キロ)が13日、貫通した。

国内では、群馬、新潟両県境の関越トンネル(11キロ)に次いで 2番目の長さ。 

中日本高速道路会社は来年度末までの開通に向けて坑内の整備を急いでいる。

   ブログランキングへの投票をおねがいします ⇒  ブログランキング

  20070115013106.jpg 20070115013123.jpg
 

 やっと念願のトンネルが開通した。

私にとってこのトンネルは非常に経済効果が高い。

 一昨年あたりから北陸地方に私のネットワークビジネスの市場が伸びてきていて、ここ半年前くらいまでは毎週のように東海北陸自動車道経由で富山、金沢、福井に足を伸ばしていた。

 当時このトンネルはまだまだ工事中で、東海北陸道・荘川IC からは、いつも下道(R157)を使って、山を登り下りしていくルートしか確保されていなかった。

 もともと私はクルマの運転が大好きなため、長距離&悪路も全く苦にせず、むしろ楽しんで走っていた。

 しかし冬場となるとこれがまた少し話が違い、高速道路の両端には雪が壁のように積もり、走行車線が普段の半分程度にまで狭くなっていることも多々あった。

 また山道(R157)はこれまたサバイバルの極致で、雪道に慣れていないドライバーは一発でお泊り確定(動けなくなる)になってしまうのは必至である。

 

こちらのランキングも参加しているのでぜひ一票入れてください。お願いします!

 

 思い出すと大変懐かしいが、いつも相棒と二人で雪の中を走り回り、JAFのお世話になったこともあったり、突然道が雪で通行不能状態になり、朝まで極寒の中、車中泊をしたことも何度かあった。(ガソリンが切れ掛かってあせったことなど日常茶飯事だった)

トラックは動けなくなり、いきなり目の前を壁のように塞いでいたり、アイスバーンのせいで谷底に転落寸前になったこともよくあった(笑)

おかげで愛車の BMW は、距離数は伸びるはいろんな箇所に支障が出るわで大変だった(行くなよ!そんな車で:笑)

 またこの当時、もう一台フルチューンを施したレガシーを持っていたのでこれも何度か投入したが、文面の通りこんな道を走るクルマには仕上げてなかったために、エアロは雪掻き状態、足廻りはペタペタ(車高短)でタイヤハウスに雪が溜まり、いちいち降りて雪を手で除去しないと進まない始末。 

オンロードでは最強のシングルターボに改造したビッグタービンは足枷になるし、クラッチは重たい。 まさにそんなクルマで行くなよ!レガシーの意味がない!ってな状態であった(笑)

 まあでもこういった経験も凄く楽しかったし、充実していた。

相棒とも時間を長く共有することにより、今ではまさに阿吽の呼吸の仲になれた。

 

 実はまた今年からこの北陸地方に応援要請が掛かったために、この相棒とともに毎週繰り出すことになる予定であるが、今度は冒頭で触れた飛騨トンネルのおかげで命拾いをしそうだ(笑)

時間もかなり短縮されるし、なにより安全だ。 

 東海北陸自動車道は、日本一高いところを走る高速道路で、夏は涼しく、冬は寒い??? ← 解説になっていないし文章がおかしい(笑) 

 サービスエリアから見る景色は絶景で、スキーで有名な ひるがの高原 あたりのS.Aでは毎年巨大なかまくらを拝見することができる。  自然と触れ合うには最高の場所だ。

 この飛騨トンネルによる経済効果は、物流、観光面で 年間7000億円 を超える見込みが期待されている。 これに便乗して私の経済効果もぜひアップしたい(笑)

 

 不動産投資ブログ集は ⇒  こちら

 

 訪れたことがない方には、この素晴らしい日本を代表する景観をぜひとも体験していただきたい。

 そしてひるがのS.Aでお会いしたときには一緒にかまくらに入りましょう! 雪

 道に全く似合わない BMW がもし停まっていたら一声掛けてください!

 
     
世界遺産の合掌造りを見に行きたい人は
                                    
世界遺産を感じるサイト。JTBスタッフの膨大なデータから世界遺産を感じよう!

20070115013132.jpg

スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/60-28382971
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。