F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070117063250.jpg

 今日、いつもお世話になっている BMWのディーラー担当者から一本の電話が入った。

 ブログランキングへの投票をおねがいします ⇒  ブログランキング

「以前からお気に召されていました、6シリーズ の白で極上品が入庫しましたが、一度見に来ませんか?」 とのことであった。

 担当者によると、ある会社の社長さんが新車で購入されたのだが、やはり7シリーズのほうがいいということで3000キロ乗っただけで手放してしまったという極乗車(新古車)ということだった。 

 ここでクルマに興味のない人に少し解説したいが、(←これも日本が変だね。興味がない人に解説するなよ!って感じである;笑) BMWのフラッグシップ・カー(最高級車)が7シリーズで、そのすぐ下に位置するのが6シリーズである。 とはいっても価格的には両者とも1000万円級の高級車であり、「ゆったりとラグジュラリーに」を好む人には、セダンタイプの7シリーズ。 「スポーティに少し乱暴に(笑)」が好きな人にはクーペタイプの6シリーズといった程度の認識で十分であろう。 (こういった理由から、例の社長さんには合わなかったのだろう)

20070117063657.jpg

 6シリーズは「世界一美しいクーペ」と言われ、その面持ちはまさにエレガント。 加えて一旦アクセルを踏み込めば、「羊の皮を被った狼」(←どこかのカー雑誌の批評みたいだ;笑) といった2面性を持つ、まさに男の欲望をくすぶる最高級品だ。  

 クーペモデルとカブリオレモデル(オープンカー)があり、特にカブリオレモデルのオープン時のスタイルはめちゃめちゃ美しい!!  

 フィギュアスケートの金メダリスト、 荒川静香 が地元に帰ってきての街頭挨拶の際に、このカブリオレモデルの後ろに座り、手を振っていたのは記憶に新しい。(クルマ好きは絶対に気付いていたはずだ!)

 話があっちこっち飛んでしまったが、この宝石(6シリーズ)をぜひとも買って欲しいとの要請であった。

 

自動車保険って今よりもすごく安くなるんですよ、知ってますか?

               ↓

  日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」

 

 その担当者とは普段から非常に懇意にさせていただいている間柄で、私がこういった「走るクルマ」「魅せるクルマ」が大好きなことを知っていた。 しかも一度6シリーズの購入を決め、発注したのだが納車の際にディーラー側が事故を起こしてしまったというアクシデントの経験もあるのだ(笑) ← こういうこともあるんだなって思いましたね。 もちろんそのクルマはキャンセルしましたけどね。

 でもこのアクシデントは私にとって非常に幸運だったと思う。 なぜならあの時の私は完全に感情と欲望に支配されていて、後先を考えていなかった。

 まさにそれは 負債 であり、私のポケットから1000万円という現金と毎月のガソリン代や税金等を奪っていくという恐ろしい魔物だということをすっかりと忘れかけていたのだ。

 このアクシデントによる空白の時間が私を冷静にさせ、それよりもこの現金を 不動産投資 に回そうと考えさせたのだ。  ふー命拾い・・・。

 今はこのお金は近々来るであろう勝負のとき(不動産購入)に備え、株式投資に回されている。 (正確には年末に現金化し、次の投資先を吟味している状態だ)

 

こちらのランキングも参加しているのでぜひ一票入れてください。お願いします!

 

 今回この話を聴いたとき、正直少し心が動いてしまった(笑)  しかし今の私は少しばかり学習している。 

 資産と負債。 これは人生を左右する一番重要なキーワードだ。

私の師匠である(勝手に思っているだけだが)ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さんが言っていた 

   お金をいかに多く稼ぐかよりも、いかに多く保持するかだ

という金持ちになる法則。

 深いね、この言葉は。  賢明な判断と聡明な考え方を今後も持ち続けていきたいと改めて固く誓った時であった。

・・・でも見に行くだけはタダだから行ってみようかな。 やっぱカッコイイもんな6シリーズは・・・(笑)

 

       自動車保険を見直したい人は

               ↓

  日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」

 

イタリア自動車パーツ&アクセサリー本舗「アウト・バザール」

 

スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/64-2e06ec2b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。