F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネバーランド

 ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍が決まった、Rマドリード MF デビッド・ベッカム(31)に第2の大型オファーが届いた。

今回はあの マイケル・ジャクソン からビクトリア夫人に対して自慢の ネバーランド を買わないかとお誘いらしい。

 売却希望価格は、1000万ポンド(約24億1000万円)。 ビクトリア夫人は一旦は断ったものの、関心は持っているとのことだ。

 ブログランキングへの投票をおねがいします ⇒  ブログランキング

 断りの理由は、ギャラクシーの練習場からの距離で、ネバーランドからは250キロ、クルマで3時間通勤に掛かってしまうことが難点らしい。

 ただ英国の自宅 ベッキンガム宮殿 には迷路を造ってある事もあり、この遊園地付きの自宅(ネバーランド)には興味津々。 

既に内装業者に 「子供部屋はサッカースタジアムをモチーフに造って」 と指示するなど 「楽しい新居造り」 に余念がないだけに購入の可能性は十分にあるとのことだ。

 

 しかしこの ネバーランド いかほどか!?  2005年5月に一度売却の話が出たときには、1950万ポンド(約47億円」の値が付いたが、わずか8ヶ月で半値まで下がってしまった。

いやー不動産は恐ろしいね。 というよりもマイホームやマイカーは本当に 負債 だと感じてしまいますね。 

しかも年間の維持管理費が、200万ポンド(約3億6000万円)も掛かる!! ← まさに負債だ 

 確かに年俸60億円の ベッカム にすれば容易い話かもしれないが、前回紹介した ドラキュラ城 と同じくこれも富豪の趣味の域である。

 

こちらのランキングも参加しているのでぜひ一票入れてください。お願いします!

 

 一時的には大富豪の仲間入りをした芸能人、ミュージシャン、スポーツ選手は世の中たくさんいる。 しかし皆がその富を今現在も維持しているかといえば、ほんの一握りの人だけであろう。

 マイケル・ジャクソン も同様で、最近は借金が膨らみ、ネバーランドを一般に開放し(入場料60万円、定員250名)、その額(1億5000万円)を返済に充てているなどの噂もあるが、マイケルにとってその程度のお金は、莫大な借金に対しては焼け石に水。

 やはりこういったお金の教育を受けていない人が大富豪に変身しても、結局コントロールができずに、そのお金に人生を狂わされてしまうというのが大体の人の終着駅のようだ。

 ベッカム 大丈夫だろうか? そんな人の心配はどうでもいいか、自分の心配をしろ!!(笑)

お金に対する教育。 

Financial Intelligence をいかに高めていくかがやはり大事だと思う。

 

 不動産投資ブログ特集 ⇒  こちらから

     

     ★必ず貰える★千円分ギフト券

     自分にあった返済を選びたいなら⇒迷わずオリコの【CREST】

       【三井住友銀行グループのアットローン】即日審査!最高300万円

 

 

 

スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/68-13d1544f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。