F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 自分が世の中に投資できるのは、「時間」と「お金」 の二つしかない。

「時は金なり」 であり、 時間はお金で買える。

もし自分がお金持ちになりたいのなら、もし今よりも経済的に自由になりたいのなら

「そんなお金は払えない。」 「そんなことはできない。」 といった言葉を使うべきではないだろう。

こう言ってしまった瞬間に、それは払えないし、それは成し得ない。

 ブログランキングへの投票をおねがいします ⇒  ブログランキング

「そんな事は学べない。」

決してそこからは何も学べないであろう。

「それはできないがこれならできる」 

「それは払えないが、代わりにこれならば払える。」

これが普通の人間の言葉であり、これが自分を中流、もしくはそれ以下に留めてしまう理由だ。

「代わりにこれならば払える」 なんて言葉を決して吐いてはいけない。

「どうしたらそれを払えるだろう」 「どうやったらそれを成せるのだろう。」

こういった言葉、考え方が自分を変える。

お金は人をお金持ちにも貧乏にもさせる力を持っている。

もちろん心理的、精神的に対しても多くの影響を与える。

お金持ちは冷たく、ケチで傲慢だ。 なんて世間で思われている。

だが、貧乏人にも同様に、冷たく、ケチで傲慢な人はたくさんいる。

実は 人間性というのはお金の量とは無関係なのだ。

「金の亡者」 なんていう言葉があるが、まさにこれはお金を亡くす人のことだ。

 

こちらのランキングも参加しているのでぜひ一票入れてください。お願いします!

 

 人は一日の中でお金のことを考えない人は絶対にいない。

例えばランチで何を食べようと悩む。 レストランに行こうか、それともコンビニに行くか。 はたまた580円の”とんかつ弁当”にしようか、480円の”のり弁当”にするか。

アフターファイブ(死語;笑)に飲み会がある。 帰りは電車にしようか、タクシーにしようか。

こんなことあげればキリがないが、確実に財布から1円でも多くお金が出ていくことを嫌い、選択の時に悩まされる。

 かたや1円でも多く稼ごうと頑張っている人もいる。 家族のため、愛する人のため、そして自分自身のために。

 私は後者であり続けたい。 「入る」と「出る」の違いだけで、どちらもお金の亡者に変わりはないからだ。 

 前者は少しづつ、失っていく感情、人間関係が存在する。 

 後者は確実にいろいろなものを学び、そして得ていく。

 お金の亡者。 本当に失うのはどちらであろう。 

 私は1円でも多く稼ぐことに一生懸命になれる「お金の亡者」 になりたいと思う。

 

 ブログランキングへの投票をおねがいします ⇒  ブログランキング

 

正直、難しそうでなかなか手にできなかった本でしたが、携帯版が出版され、値段も安くなり、非常にコンパクトで持ち運びに便利になったために買ってみました。
もっと早く読めばよかったですね。人生の目標設定の重要さを認識させてくれます。 本当にお勧めです!!
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/71-da3c593c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。