F-50を手にするまでの不動産投資

私はまだF-50を手にしていません。 しかし必ず手にします。  必ずです。 それまでの成功への軌跡を堪能してください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 久しぶりに 株式投資 について語ってみようと思う。

ここでは私の株式投資法を何度も紹介してきたが、今回は少し具体的に紹介していきたい。

 ブログランキングへの投票をおねがいします ⇒  ブログランキング

 株式投資 には絶対に不可欠な チャート というものがある。 

これはローソク足という日本人が考案した世界共通の指針を使った、株価表のことだ。

 このチャートを積極的に使っていく テクニカル投資 という投資法があるが、これに関して私は詳しいことは分からない。

 私は ファンダメンタル分析 テクニカル分析 の両方を少しづつミックスしたやり方をする。

 簡単に言えば、ファンダメンタルはある銘柄の価値を見極めるものであり、テクニカルはある銘柄の投資時期を見極めるものだ。

 120円の価値しかないコーラを600円で買うわけにはいかないが、80円で売りに出されていればそれはまさにバーゲン品だ!

 株式の世界では、こんなことがよく起こる。 しかしこれはその銘柄の本当の価値が分かっていないとバーゲン品かどうかの判断をつけることができない。

これは 財務諸表 からファンダメンタル分析するしか分かりえない。

しかしテクニカル分析(チャート)も同じくらい大事だ。 

 女性はこの分析が実はすごく得意である。  季節の変わり目や、年明けなどはこの生まれつき持った素晴らしい嗅覚で、デパートは賑わう。

 チャートから株価の流れを読む、トレンドを読む、そして株価を予測するといったことがよく言われる。 これは間違いではないが、非常に洗練された目が必要になる。

 私はまだまだ諸先輩方に比べ、洗練された目が養われていないために、あるアナログな手法を使って修行をしている。

 それは 手書きチャート を作成するといったことだ。

 世の中にはこのチャートを非常に正確に詳しく一瞬で目の前に出してくれる文明の利器がたくさんある。  YAHOOのチャート のそうだろうし、ケンミレ なども非常に便利だ。

 しかしこれらの文明の利器は、私にとってハイテク過ぎる。 

見ても何も分からないし、分析なんて滅相もない状態だ。 ←この場合の分からないは見るのと読めるの違いを言ってます

私は趣味で音楽をやるが、譜面を見ることはできても、読めないといったことによく似ている。(この話は以前、ここで紹介しているので読んでほしい)

 

こちらのランキングも参加しているのでぜひ一票入れてください。お願いします!

 

 私は 日経平均株価 と自分の投資対象候補銘柄を5つ、計6つのチャートを手書きで描いている。

もうこれは始めて約2年位が経過する。 ここで声が聴こえてきそうだ。 「えー、そんなの面倒臭い!!」 と。 

確かに私も最初そう思った。 が、これで稼げるならば楽なものだと割り切って続けている。 

もちろん私の敬愛する株式投資家の 榊原先生 からのアドバイスだからというのが一番の理由だ!

 以前にもここで書いたが、セミナーに出席して実際にその講師と触れ合うことによって、自分の信心が変わってくる。

 初めは書いていても何もそこから情報を得られなかったが、最近はトレンドや今後の株価の動きがはっきりと分かるようになってきた。 ← 本当に分かるようになりますよ!!

 やり方は難しくない。 まずはB5の方眼ノートを用意して、縦軸に株価、横軸に日付を書いていく。 (文章ではなかなか伝わらない部分が多いのですみません)

そして毎週の終値(先週は1月15日)をチェックして、その週のローソク足を描いていく。 ← ローソク足の知識はこちら 

これを毎週1回やるだけでよい。 私の場合は6銘柄を描いているが、どうだろう30分も掛からないぐらいで済んでしまう。

 それともう一つ重要なのが、13週移動平均線 26週移動平均線 を描くことである。  

意外に移動平均線の意味を理解していない人も多いと思うが、これはすごくシンプルで直近13週の終値平均と26週の終値平均を出すだけだ。 ← これは エクセル で簡単に作れます。

これらの情報をただ毎週繰り返し描いていくだけで良いのだ。

 するとそのうち不思議なことが起こってくる、株価が上昇するタイミングと下降するタイミングがバッチリと分かるのである。 

まあこれは グランビルの法則 に起因している部分もあるが、問題はグランビルの法則をいくら勉強しても実践では使えないというところだ。 ← これはあくまで私のレベルの話です。

いや正確には、グランビルの法則がなぜそうなるのかということが分からないと使い物にはならないということである。 しかしこの「なぜ!?」の部分が手書きチャートを描くことによって解決されてしまうのだ!!

 株価の上昇、下降のタイミングが分かれば、あとは上がるときに買い、下がるときに売るだけである。  

非常にシンプルだが、継続できるかどうかが大事だ!!

半信半疑の人はぜひ試してみてください。  確実に結果は出ます!!

 

 ブログランキングへの投票をおねがいします ⇒  ブログランキング

 

 

会計学の博士であり、個人投資家でもある榊原教授!
そんじゃそこらの個人投資家とは分析能力が違います!!
はっきりいって一発で株というものが理解できます。
 他の株式投資本では太刀打ちできない内容です!!
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://seikoutetsugaku.blog78.fc2.com/tb.php/72-f210b564
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。